クラウドのファイル共有は企業に欠かせない【効率良く仕事ができる】

災害時の情報収集

女の人

有事の際の確認手段

昨今、各企業においては、大地震をはじめとした災害時に社員および家族の安否確認を重要視する傾向が高まっています。では企業はなぜ安否確認の重要性を感じているのでしょうか。それはまず、災害時において社員とその家族がどのような状況におかれているかを確認し、必要に応じた救援や支援を行えるようにするという目的です。有事の際にも社員を助けることができる仕組みを設けることで、働く人達に安心感を与えることができ、従業員満足度の向上が期待できます。次の目的は災害時の事業継続可否、もしくはいつから事業を再開できるかを見極める為です。会社が主要業務を行うためには、一定度の人数が出勤できる状況にある必要があります。災害発生後の心身の状態や、電車やバスといった出勤手段が動いているかどうかを確認することで、稼働できる職員の数をスピーディーに把握することが可能になります。安否確認を行う方法は様々で、手軽な手段は電話やメールで社員とコミュニケーションをとることですが、最近は安否確認のためのインターネット上のサービスが存在します。また安否確認の手段としてこのようなサービスを採用する企業も増えてきました。これらのサービスでは、まず災害発生時に全役職員に対して、あらかじめ登録しておいたメールアドレス宛に安否確認のメールを一斉送信できます。メールにはURLが掲載されており、社員がそこからアクセスすると、自身の現在の状況を回答するアンケートのようなページに辿り着くのです。多くの場合、入力フォームが決まっており、またプルダウンからの選択などで簡単に入力できるようになっています。そのため必要な情報を抜け漏れなく、なおかつ速やかに社員から受け取ることができ、多くの社員から均質化した情報を速やかに収集することができるのです。

Copyright© 2018 クラウドのファイル共有は企業に欠かせない【効率良く仕事ができる】 All Rights Reserved.