クラウドのファイル共有は企業に欠かせない【効率良く仕事ができる】

複雑ゆえに専門家に相談を

社内

会計システムの導入も

連結会計は親会社と子会社など支配従属関係がある複数の会社を1つの会社とみなして、経営実績や財政状態を親会社が把握するために行われる連結決算の方法を指しています。連結会計制度においては連結貸借対照表、連結損益計算書および連結株主資本等計算書、連結キャッシュフロー計算書をはじめ、セグメント情報と注意情報を作成するように求められています。個別の財務諸表の作成とは大きく異なり、企業会計基準委員会が公表している会計基準などに基づき、公認会計士協会が公開している実務指針などにのっとって処理をしなくてはなりません。手順が詳細に定められているため、連結会計に関する知識やノウハウがない経理担当者などが行うには、まずは勉強から始まり、大変な手間や労力が要することになるでしょう。そのため、税理士事務所や会計事務所などに依頼をしたり、顧問契約を結んで連結会計業務をサポートしてもらうことがおすすめです。また、連結会計向けの会計ソフトもあり、相談した税理士事務所や会計事務所などで導入が勧められることもあります。会計ソフトの使い方の指導をしてくれたり、データなどを入力しておけば、それをもとに顧問税理士や顧問公認会計士などが連結決算に必要な財務諸表などを作成してくれます。連結会計制度は頻繁に変更や改正が行わるので、専門家への依頼や専門ソフトの利用が賢明です。含まれる会社からの情報リサーチやグループ会社間の取引の消去など煩雑になりますので、専門家に相談しましょう。

Copyright© 2018 クラウドのファイル共有は企業に欠かせない【効率良く仕事ができる】 All Rights Reserved.