クラウドのファイル共有は企業に欠かせない【効率良く仕事ができる】

SI会社の費用

パソコンを操作する人

業務システムと導入費用

企業でITシステムを導入する際には、SI会社と呼ばれる企業が、サービスを提供しているので、それを利用することになります。たとえば社内稟議システムをIT化する、ワークフローシステムを導入する際には、やはり同じことが言えるのです。ワークフローシステムを導入する際には、どうしても現状の稟議の仕組みを洗い出しする作業が発生するために、その分の費用も考慮する必要があります。これは短い期間でのワークフローシステムを導入できるというわけではなく、数年及ぶプロジェクトになることを意味します。よってワークフローシステムを導入する際には、SI企業をいくつかコンペで競わせて、その結果最優秀とした企業と長年付き合っていくのです。このような形を取りますので、SI会社もシステムを導入する担当と、コンサルティングを担当する企業と連合して対応することが多いのです。これらの対応により、最初のコンサルティング費用と、その成果報告、そしてワークフローシステム本体の導入から支援費用までが、全体の費用となってくるのです。これらのことから、まず最初の年に調査費用としてある程度積んでおき、その費用の中で企業を決定していきます。そして次の年にその企業が提示した導入費用を予算化しておき、その費用の中で導入と支援をしていただくのです。導入が終われば、あとは運用保守費用を年間予算に組み込んでいけば、安定指定ワークフローシステムを利用していくことができるのです。

Copyright© 2018 クラウドのファイル共有は企業に欠かせない【効率良く仕事ができる】 All Rights Reserved.